クレジットカードの偽造対策

 

創成期のクレジットカードというのは、会員番号や会員の氏名がID機能としてカードの表面に印刷、またはエンボス加工されているだけのプラスティックカードでした。その後、新たな技術開発によって、クレジット決済の処理を自動化するというニーズに後押しされながら、現在のような磁気ストライプ型カードが誕生したのです。

 

クレジットカードに磁気ストライプを搭載することで、カード会社やカード加盟店のクレジットカード処理及び承認といった業務は自動化され、手間が大いに軽減されることになりました。磁気ストライプは、当時としては画期的な技術であったわけなのです。

 

ところが昨今ではいろいろな問題が発生し、クレジットカード犯罪の手口も巧妙化しています。そのような流れの中では、クレジットカードに採用されている磁気ストライプは少々昔の技術と感じられるようになりました。クレジットカードにはもっと高度な偽造防止対策が求められるようになっているのです。

 

そこで、更なる技術の進歩によりIC(集積回路)を搭載する「ICクレジットカード」が登場しました。つまり、ICクレジットカードというのは、従来のクレジットカードの進化形と考えることができます。ICクレジットカードには、従来の磁気ストライプにかわってICチップが採用されています。クレジットカードがIC化する移行期間中には、両方の技術を併用することも考えられます。ICチップは、磁気ストライプよりもメモリーの容量が飛躍的に増大するだけでなく、高度な暗号化機能や演算機能なども備わっています。世界の5大クレジットブランドと呼ばれるVISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメックス、JCBでは、接触型ICの業界標準といえる「EMV』規格を採用して、それに従ってクレジットカードのIC化を進行させています。

 

クレジットカード犯罪が多発する中、一般のカード会員が何の不安も持たず安心して使うことのできるクレジットカードを開発することは、各クレジットカード会社にとってとても重要な課題となっています。偽造防止対策という面においては、最新の技術を活用したクレジットカードのIC化はかなり有効な方法であるということができるでしょう。日本国内でも、それぞれのカード会社はクレジットカードのIC化を急速に進行させているため、国内外を問わず、クレジットカード業界でIC取引が主流になるのは必至の流れであると考えられます。

 

 

 

 

 

クレジットカードの利用限度額

 

 

クレジットカードの利用限度額には、利用限度額が10万円あれば10万円まで、100万円までであれば100万円までクレジットカードを使用することができるという意味を持っています。同じブランドのクレジットカードであっても、会員それぞれに対して利用限度額は異なります。この利用限度額は、はじめはクレジットカードの入会審査時におけるスコアリングの点数に応じて決められることになります。学生を対象とする学生カードの場合は、利用限度額は一般のカードより低めに設定されるのが普通です。

 

クレジットカード発行時に決められた利用限度額というものは、その後永久的に変わらないわけではありません。優良会員であれば限度額はアップし、逆に延滞を繰り返すなどの行為を続けていると、利用限度額が引き下げられたり、更新を拒否されたり、さらにはカードが使えなくなったりするのです。個人信用情報機関を通してクレジットカードの延滞情報は業者間で共有されているので、延滞をしているカードとは違う他社のクレジットカードでも、利用限度額が引き下げられる可能性もあります。

 

クレジットカードの利用限度額は、自分のほうから申し出て引き下げることができます。利用限度額を下げておけば、カードの使い過ぎを防止したり、不正利用された場合の被害を最小限に食い止めたりする効果を期待することができます。

 

同様に、利用限度額を引き上げたい場合もカード会社に申し出ることになりますが、そのような希望は必ずしも叶えられるというわけではありません。利用限度額の引き上げには、クレジットカード会社による審査を通過する必要があるためです。延滞があれば、利用限度額の引き上げ希望は通りません。また利用限度額を上げるには、最低半年程度はカードの利用実績を積む必要があるとされています。ただし、利用実績を積むために無理にクレジットカードを使用して買い物をする必要はなく、公共料金や電話料金といった固定費にカード決済を利用するだけでも実績とみなされるようです。

 

一般的に、銀行系クレジットカードは利用限度額アップの審査が一番厳しく、信販系クレジットカード、流通系クレジットカードなどは比較的容易に利用限度額を増額することができると言われています。クレジットカードの利用限度額は、そのカード会員の信用を示す基準でもあるため、カードが更新されて新しいカードが送付されてきた時には、ショッピングやキャッシングの利用限度額に注目してみると面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

 


Fatal error: Class 'mysqli' not found in /home/m030c285/public_html/legowritingsystem.com/autolink/mysql.php on line 5