女性にとって月経とは、妊娠に備えるための一過程であり、健康体であれば月に一度必ず訪れる生理現象です。そして、加齢とともに卵巣機能が低下し、女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)の分泌も減少してきます。その結果、月経がストップし、最終月経から1年以上、次の月経が来ない状態を閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)と言います。閉経は、女性なら必ず訪れるものであり、自然なことです。閉経(不快な症状に悩まされる人も少なくないでしょう)が訪れる年齢としては、45歳〜55歳であると言われており、平均しておおよそ50歳前後で閉経が訪れます。この45歳〜55歳といった年齢は、女性にとっては更年期にあたる時期であり、閉経は更年期障害の原因とされているのです。45歳を過ぎると、女性の体は徐々に変化していくでしょう。女性ホルモン分泌の低下やホルモンバランスの乱れなどが起こり、その結果として、頭痛やめまい、ほてりやだるさなど、体のありとあらゆる所に症状が出始めます。閉経もその症状からくるものであり、避けて通ることはできません。また、閉経は出産機能を失うといっただけではなく、閉経することによっていままで正常だった血中のホルモン濃度に変化が起こり、どんどんホルモン濃度が低くなってしまいます。それが原因となって、胃腸の調子を悪くしたり、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)がカサカサに至ったりすることもあるでしょう。閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)は平均的に50歳前後で訪れますから、45歳くらいであれば閉経(遅いほどいいというわけでもないそうです)が訪れる年齢として正常な範囲なのですが、人によっては40歳以下で閉経を迎えてしまう人もいるでしょう。これを早発閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)と言っていますが、この早発閉経は体の自然なサイクルによって起こるものではなく、不規則な生活であったり、過度なストレスや偏った食生活から引き起こされます。早発閉経の場合には、早めに医師に相談することをおすすめしますー